iF7Df5y7iZPLqSR_27144
■症状
自分の体、精神、感情、あるいは感覚から遊離している感じがします。
患者は、自動制御されているような非現実的な感覚があり、夢の中かどこか別の場所にいて現実世界から遊離しているようだと訴えることがあります。自分自身を「生ける屍」と表現することがあります。

ほとんどの場合、症状は著しい不快感を伴います。
中には耐えがたいと感じる人もいます。 症状はしばしば持続します。
症状は患者の約3分の1で繰り返し現れ、約3分の2では絶えず症状があります。
ときに一時性の症状が持続型になることがあります。

自分の症状をうまく説明できず、正気を失いかけているのではないかと恐れる、あるいはそうだと思いこむことがよくあります。
しかしながら患者は常に、自分の非現実的な体験が実際のものではなく、ただ自分がそう感じているだけであることを認識しています。
このような認識がある点で、離人症性障害は精神病性障害とは区別されます。精神病性障害のある人には、常にこのような認識が欠如しています。

強いストレスなども原因の一つと考えられる

メルクマニュアルより。 【【離人症性障害】離人感辛すぎワロタwwwwww同じような奴らちょっと来いww【精神】】の続きを読む