福祉でポン。

2chの障害者・メンタル・障害福祉サービス・生活保護・介護・保育・看護など福祉、医療関係を中心にまとめていきます。

    2chの障害者・メンタル・障害福祉サービス・生活保護・介護・保育・看護など福祉、医療関係を中心にまとめていきます。

    タグ:甘え

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    PK2016061102100033_size0

    1: 海江田三郎 ★ 2016/06/13(月) 09:15:13.62 ID:CAP_USER
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201606/CK2016061102000140.html

    http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201606/images/PK2016061102100033_size0.jpg

     7月10日投開票の参院選は、くらし・アベノミクス、安保法制、原発、憲法が主要争点となる。前回民意が示された
    2014年衆院選以降、何が変わり、今回の選択はどんな「明日」につながるか。18歳選挙権導入を踏まえ、若い世代の目線を交えて検証する。 
     東京大教養学部二年、島田了輔(りょうすけ)さん(19)は高知市の母子家庭に育ち、中学一年から生活保護を受けた。
    保育所などで非正規労働を続けてきた母親の年収は、多くて百数十万円。「地方は正社員の仕事が少ない。
    非正規でいくら働いても苦境から抜け出せるはずがなかった」
     高校に入ると給食がなくなり、一日一食も保証されない生活に。一三年に政府が生活保護費を減額したことが響き、
    一日の食事がカップ麺一個という日も。修学旅行も参加できなかった。猛勉強を重ね、無利子の奨学金を得て大学に入れたものの、
    母親は依然、地元で生活保護を受ける。
     高知県の最低賃金は今も全国最低の時給六百九十三円(一五年度)と、最高の東京都を二百十四円下回る。
    安倍晋三首相は、同県の有効求人倍率が初めて一倍を超えたと先の通常国会で訴えたが、求職者の県外流出が原因との指摘も。
    経済再生を訴える首相に「いつか暮らしが良くなる」と期待していた島田さんは今、こう思う。「僕たちの存在を無視するかのようなアベノミクスに落胆している」
     前回衆院選で首相は「企業がもうかれば雇用は改善し、給料は増え、消費が盛んになって景気が回復していく」と訴えた。
    選挙で勝利すると、法人税減税など企業優遇政策を進めた。
     その結果、企業の内部留保は一四年十~十二月期から一年余りで10%増。第二次安倍政権発足前と比べると30%以上増えた。
    しかし、従業員の給与総額は一年余りで1%の伸びにとどまり、政権発足前と比べると2・7%減った。
     今年の春闘でベースアップ(ベア)は、トヨタ自動車が前年の四千円から千五百円に落ち込んだのをはじめ、大半の大企業で下落。
    優良企業の労働者さえ賃金が十分に増えていない。景気の先行き不安で企業が守りに入っているためだ。
     低所得層にはなおさら富が行き渡っていない。金融資産を持たない単身世帯は、全体の五割近くまで増えた。大学生の半数が奨学金を借り、
    生活保護を受ける高齢者は八十万世帯を突破。貧困はあらゆる世代の課題となった。
     首相はアベノミクスを事実上修正し、正社員と非正規の賃金格差を現行の六割程度から八割程度に改善することを掲げたが、企業は賃上げに慎重だ。
     貧困・格差が拡大する中、島田さんは参院選を迎える。「僕にも言いたいことはある。
    雇用を改善し、教育格差も埋められる候補者がいるか見極める」 (関口克己、我那覇圭)

    【【アベノミクス関係なし】大学生「母は生活保護 修学旅行も行けず」 世代超え広がる格差【生活保護】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    vQrGkfAn_400x400
    1: エクスプロイダー(愛知県)@\(^o^)/ 2016/04/02(土) 22:58:25.82 ID:vZxqZs/g0●.net BE:342992884-PLT(13931) ポイント特典

    新入社員研修中に「うつ病」!新卒社員のその後

    ■うつ病の原因が缶詰研修にある!?

    「新型うつ病が20代に多いとは聞いていましたが、まさか新入社員研修中に発症するとは思ってもいませんでした。
    しかも、休職期間が1年を過ぎても自ら辞めようという気配はない。辞めてもらうのに苦労しました」

    新型うつとは、別名未熟性うつとも言われ、仕事をしている時など特定の環境下にいる際にうつ症状が出ます。
    一方、仕事が終わる5時以降やプライベートの時は正常に戻るというやっかいな疾患です。
    大手消費財メーカーに新卒入社したA(22)が「抑うつ」と記載された診断書を持参したのは3カ月間の研修終了直後のことでした。
    面食らった上司は人事部に連絡。人事部員が本人を伴い主治医に面会した話を聞いて人事部長は驚きました。

    「発症の原因が研修にあると言うのです。当社は3カ月間、土日以外は同期と寝泊まりする缶詰研修を行うのですが、
    それが本人にはだいぶこたえたらしい。とくに、これまで親にも怒られたことがないような厳しい叱責を講師に受けたことで相当のショックを受けたようだ、
    と言うのです。話を聞いてこれではダメだ、すぐにも辞めさせるべきだと思ったのですが、病気と診断された以上休ませるしかありませんでした」

    休職中のAを人事部員がフォローすることになりました。3カ月後、その部員から「海外旅行中の本人から電話があり、
    すこぶる快調なので職場復帰したいと言ってきましたがどうしましょうか」と相談を受けました。
    人事部長は「何だ、それは」と思ったが、半年後に復職させることに。ところが、復職後2週間で再び発症。
    2回目の休職に入ったのです。それとなく退職を勧めたのですが、本人は応じる気はなく1年が経過しました。

    「スキルや知識を持つベテランならともかく、何の貢献もしていない新人をこれ以上置いておくわけにいきません。
    そこで秘策を打つことにしたのです。本人には復職を前提に休職期間中に好きな時間に会社に来て、自分の好きな勉強をしてもよいことにしました。
    ただし、それも続けられない場合は『退職します』と一筆を書いてもらうことにしたのです」

    (続く)
    http://president.jp/articles/-/17387

    【【うつか甘えか??】新入社員研修中に「うつ病」!新卒社員のその後】の続きを読む

    このページのトップヘ