福祉でポン。

2chの障害者・メンタル・障害福祉サービス・生活保護・介護・保育・看護など福祉、医療関係を中心にまとめていきます。

    2chの障害者・メンタル・障害福祉サービス・生活保護・介護・保育・看護など福祉、医療関係を中心にまとめていきます。

    タグ:未来

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    37739535
    1: 名も無き被検体774号+@\(^o^)/ 2015/12/22(火) 13:33:49.86 ID:MseW7SI3.net
    マジで将来が見えなくて困ってる。たすけてくり。

    【【父は精神病】18歳ソープ嬢だけど【雑談】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    d4ed49771865e598d7ed81391272f57f38aa9425
    1: 丸井みどりの山手線 ★ 2015/12/27(日) 20:19:18.04 ID:CAP_USER*.net
    中年フリーターの「老後破産」で生活保護費が5倍に いま政治家が取り組むべきは「中年フリーター対策」だ
    デイリー新潮 12月26日(土)7時30分配信
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151226-00504429-shincho-soci

     少し前まで夢ある子育て世代だったはずの中年の間に、フリーターが激増している。
    滅入る話は、そこに止まらない。彼らが老後を迎えたとき、一斉に「老後破産」状態に
    陥って、生活保護費が今の何倍にも膨らみかねないという。日本を覆すような話なのだ。
    ノンフィクション・ライターの白石新さんがリポートする。

     ***
     フリー・アルバイターを縮めた造語であるフリーターとは本来、少年や青年、
    いずれにせよ若者を対象とした言葉だったはずだが、最近、“中年”と呼ばれる世代の
    フリーターが激増している。

     彼らの収入は月15万から20万円程度と、生活保護受給者とあまり変わらず、
    家賃と光熱費を支払ってしまえば、やっと食べていける程度しか残らない。もちろん、
    年金を納める余裕などないし、それどころか、健康保険料すら支払えない。

     そんな人たちが増えているのはなぜなのか。そのことは近い将来、想像を上回る
    「老後破産」社会が到来することを暗示しているのではないだろうか。

    ■中年フリーター高田さんの場合

    「不安は、ないんです。ただ……」

     と言葉を濁したのは、45歳になる高田淳史さん(仮名)だ。ある離島出身の高田さんは、
    高校卒業と同時に神戸にある石油関連企業に就職した。まだ、バブル真っ盛りの時代である。
    だが、それから数年して、

    「阪神大震災があって、会社の先行きがあやしくなったんです。なにもかもが壊れてしまった
    あの地震のあとは、ぼくの価値観も大きく変わってしまって」

     勤め先の将来に不安をおぼえて退職し、東京に出てきたという高田さん。いったんは、
    ある会社に正社員として入社したものの、すぐに退職してしまった。それ以来、
    ずっとフリーターである。いろんな仕事をしてきたが、ここ5年ほどは、百貨店などの
    催事で使う冷蔵庫などの什器をリースする会社で働いている。といっても、日雇いである。
    おもな仕事内容は、冷蔵庫などの設営と撤去だという。

    「早くて2週間前に、急なときは当日なんてこともありますが、会社から
    〈○月○日に○○百貨店○○店へ行けますか〉といった内容のメールが届くんです。
    自分の体力と相談して、1日にどれだけの仕事を掛け持ちできるか考えてから返信します。
    賃金は1現場につき4500円です」

     平均すれば、1カ月に30カ所ほどの現場を回る。4500円の“基本給”は1現場につき
    5時間までの金額で、労働時間がそれを超過すれば1時間1000円の残業代が支払われる。
    こうした合計で、手取りの月収は多いときで15万円ほどになるという。

    以下はソース元で。

    ★1:2015/12/26(土) 13:18:08.19
    前スレ
    【社会】中年フリーターの「老後破産」で生活保護費が5倍に いま政治家が取り組むべきは「中年フリーター対策」だ ★4
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1451153745/

    【【社会】中年フリーターの「老後破産」で生活保護費が5倍に いま政治家が取り組むべきは「中年フリーター対策」だ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ssss
    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/11/05(木)06:43:41 ID:???
    「年20万人の移民受け入れで人口減回避」に落合信彦氏が苦言

     難民たちを乗せたボートがトルコ沖で転覆し、3歳男児を含む12人が死亡した。
    浪打ち際でうつぶせになっている3歳男児の遺体写真をきっかけに欧州各国は
    難民受け入れを拡大する方向に急転回したが、作家の落合信彦氏が難民受け入れが
    日本に及ぼす影響について解説する。

    (略)

     外国人の生活保護受給世帯も4万世帯以上にのぼっている。近年は毎年5000世帯のペースで急増。
    堅実な日本人と違って、稼いだカネはすぐ使うという文化がある外国人は貯められないからだ。
    中国で働くフランス人の友人が語ってくれたことだが、いま上海の書店では日本についての
    ハウツー本が売れまくっているという。それは日本に行って何もしないで生活保護をもらい
    楽しく暮らすことを1から10まで教えている本だという。

     昨年、内閣府が「毎年20万人の移民を受け入れることで人口の大幅減を避けられる」
    との試算を発表したが、そんな政策は大間違いだ。文化の違いを考えない阿呆な政策としか言いようがない。
    馬鹿な日本の企業が外国人を増やしたいからといって、それを受け入れ生活保護を支払うのか? 
    そんなことのために税金を払うなんてまっぴらご免だ。

     毎年20万人といえば、東京・渋谷区や静岡・沼津市、山梨・甲府市などの人口に匹敵する。
    10年で200万人、30年で600万人だ。彼らは子供を産み、あっという間に1000万人を超えるだろう。
    日本人が人口減少により今後50年で約8000万人に減っていくなかで、
    1000万人の移民がいる社会はどのようなものになるか。考えると恐ろしい。

     さらに危惧すべきは、中国の崩壊だ。

     経済が危機的状況にある中国は、いつ人民が暴動を起こして共産党政権を転覆させても
    おかしくない。そんな事態になれば、数多くの戦艦や漁船などで、数百万人、
    数千万人単位の難民が海をわたって日本にやってくるだろう。

    以下略 全文 ガジェット通信/NEWSポストセブン
    http://getnews.jp/archives/1188476

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 31◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445165737/617

    【【生活保護】移民・難民受け入れ推進は大間違いだ 外国人の増加は日本人の身の危険も伴う 外国人の生活保護受給世帯は4万世帯に急増【 移民】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    000987
    1: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2009/01/03(土) 22:56:49 ID:UEn8vxuf
    知り合いが39歳で軽度の知的障害って診断された・・・
    愛の手帳4級みたい
    薬は一錠だけらしいんだが飲まなくなる日は来るかな

    【【果たして】知的障害って治るの??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 09:28:05.18 ID:oHIcT5zcM.net
    あと30分で帰れるンゴ

    【【将来に希望あるか??】ワイ老人ホームの夜勤明けから帰宅】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 2014/12/12(金) 15:55:17.18 ID:8TdCepQe.net
    量産される柔道整復師
    年間約4000億円請求されているそうだ
    過剰に膨れ上がり巷にあふれる歯科医院を追い越しそうな勢いだ
    介護に流れた柔道整復師も多く今やデイサービスはコンビニより多い
    来年から小規模デイサービスは作れなくなり総量規制が始まる
    ケアマネ事業所も福祉装具だけの利用者は減額など過剰供給や専門性の欠損
    によりさらに厳しくなる。
    整骨・接骨院にも規制の嵐が来そうだ共同幻想が終わりを告げる
    柔道整復師・整骨院に果たして未来はあるのかぁ?

    【【柔整】整骨院に未来はあるのか?【介護】】の続きを読む

    このページのトップヘ